新聞記事 道が安平町に産業廃棄物処分場建設 2017年6月に道が申請を許可

北海道安平町に産業廃棄物処分場建設 2017年6月に道が申請を許可 町や町議会、町民が反対。2021年4月の超意見交換会で町長も改めて反対を表明。静岡県熱海市の土石流発生時の盛り土量の2.5倍と大規模な処分施設建設が計画されています。

 

しんぶん赤旗 2021.8 28

abira_1


しんぶん赤旗 2021.8.26

jitaku_2

 


しんぶん赤旗 2021.8.27

asahikawa

asahikawa_1

asahikawa_2

「原発ゼロ・核のごみのない北海道の未来」パンフレット

「原発ゼロ・核のごみのない北海道の未来」パンフレット

高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定に向けた文献調査に、寿都町と神恵内町が応募を決め「核のごみを持ち込ませない」道の条例遵守との整合性が問われています。条例遵守を求める道民からの多くの意見もあります。

kaku_gomi1 kaku_gomi7

これまで、真下道議は「原発マネー」の問題点を道議会で指摘をしてきました。2020年の道議会決算特別委員会で、これまで国から給付された泊原発マネーが 1,743億円にのぼることが明らかになりました。

kaku_gomi4

この「原発マネー」が関係する自治体の振興に役に立っているのか疑問が残る事もわかりました。「原発マネー」に自治体が依存しては、自立したまちづくりは出来ません。これからの北海道に何が求められるのでしょうか。

パンフレットご希望の方は真下紀子事務所まで。

kaku_gomi3

※パンフレット内容の資料より