2022年 困難を乗り越え、ともに生きる社会の実現めざす。

270244422_1919501694920566_3346642688556732465_n
2022.  1.  5 _しんぶん赤旗

2021.1.5_shinnenn1

困難乗り越え 共に生きる
激動の年へダッシュ 2022年1月1日

 野党共闘が自民・公明を追い詰めた2021年の総選挙。激しい反撃でかろうじて政権を維持した岸田政権は、敵基地攻撃能力を明言し、参院選では憲法を変えようといっそう攻撃を強めることは必至です。憲法に結実させた国民のあらゆる権利を守り抜くために日本共産党の岩渕とも参議、松橋ちはる参院選挙区候補を勝利させましょう。人間を犠牲にする新自由主義から抜け出し、あらゆる施策に憲法を、気候危機対策とジェンダー平等を位置づけ、困難を乗り越え、ともに生きる社会の実現めざしましょう!皆さんと力を合わせて奮闘します!3.57MB

新型コロナウイルスワクチン接種に必要な移送費(交通費)

2021年11月4日 道議会保健福祉委員会
ワクチン接種の交通費支給申請の適切に活用求める

新型コロナウイルスワクチン接種に必要な移送費(交通費)を、生活保護の支給対象とすることと明記された厚労省通知が4月に出されていましたが、複数の自治体で「保護費の支給対象とはならない」「支給範囲は高齢世帯に限る」など、誤った対応があったと党道議団に相談が寄せられました。11月4日の道議会・保健福祉委員会で、真下紀子道議が、新型コロナウイルスワクチン接種に必要な移送費について適切な活用を求める質問をしました。道は再度通知し、適切に対応すると答えました。

DSCN3263

新型コロナワクチン接種に必要な交通費は、高齢者に限らず、12歳以上の被保護者も支給対象となっています。道は、取り扱いに遺漏がないよう、10月に改めて各福祉事務所に通知しました。

真下議員は、「接種終了後は申請できないのではないか、などの疑問を解消しないまま、また、仕組みを知らないために申請していない方もいるのではないか」とのべ、保護制度の有効かつ適切な活用のための具体的対応を求めました。

 

道は、「ワクチン接種が終わってからの申請もできる」「交通費は最小限度で、最も経済的な経路で支給されるため、領収書の提出は求めていない」「交通費の算定には個別の判断も必要となる場合もあるため丁寧な聞き取りを行う」と答弁。澁谷文代福祉局長は「非保護者の権利が損なわれることがないよう、制度のわかりやすい説明などにより、生活保護制度の適切な運用に努める」と、道の姿勢を示しました。

 

SONY DSC

【下記の資料 厚生労働省ホームページより抜粋】

スクリーンショット(2021-11-12 5.53.14)

スクリーンショット(2021-11-12 5.42.26) スクリーンショット(2021-11-12 5.42.34)

しんぶん赤旗 2021.11.12

2021.11.12_koutuhi1

新聞記事 道が安平町に産業廃棄物処分場建設 2017年6月に道が申請を許可

北海道安平町に産業廃棄物処分場建設 2017年6月に道が申請を許可 町や町議会、町民が反対。2021年4月の超意見交換会で町長も改めて反対を表明。静岡県熱海市の土石流発生時の盛り土量の2.5倍と大規模な処分施設建設が計画されています。

 

しんぶん赤旗 2021.8 28

abira_1


しんぶん赤旗 2021.8.26

jitaku_2

 


しんぶん赤旗 2021.8.27

asahikawa

asahikawa_1

asahikawa_2

「原発ゼロ・核のごみのない北海道の未来」パンフレット

「原発ゼロ・核のごみのない北海道の未来」パンフレット

高レベル放射性廃棄物の最終処分場選定に向けた文献調査に、寿都町と神恵内町が応募を決め「核のごみを持ち込ませない」道の条例遵守との整合性が問われています。条例遵守を求める道民からの多くの意見もあります。

kaku_gomi1 kaku_gomi7

これまで、真下道議は「原発マネー」の問題点を道議会で指摘をしてきました。2020年の道議会決算特別委員会で、これまで国から給付された泊原発マネーが 1,743億円にのぼることが明らかになりました。

kaku_gomi4

この「原発マネー」が関係する自治体の振興に役に立っているのか疑問が残る事もわかりました。「原発マネー」に自治体が依存しては、自立したまちづくりは出来ません。これからの北海道に何が求められるのでしょうか。

パンフレットご希望の方は真下紀子事務所まで。

kaku_gomi3

※パンフレット内容の資料より