全道立高校(全日制)191校の校則調査を踏まえ校則見直しの促進を

真下紀子道議は、2021年6月16日に発表した、全道立高校(全日制)191校の校則調査を踏まえて、6月29日(火)の予算特別委員会で校則見直しの促進を求め、道教委に質問しました。
2021.6.29_2
三重県教委が髪型や男女交際、下着色指定を全廃し、岐阜県教委が下着の色指定や校外活動の届け出・許可を廃止したなどの先進例を示して、校則見直しの促進を求めました。
倉本博史道教育長は「校則は絶えず見直しが必要。内容や必要性について児童生徒、保護者との共通理解とともに、児童生徒が主体的・自律的に行動できることが重要」と答え、「生徒の個性を尊重し、見直しの観点、校則の公表により地域とともに成長を支える体制づくりなどについて、各学校に周知、指導助言していく」と真下道議の質問に回答しました。

しんぶん赤旗 2021.7.2 

2021.7.2_kousoku_1

2021年6月29日(火) 北海道教育委員会に真下道議が質問

2021年6月29日(火)道議会予算特別委員会

北海道教育委員会に真下道議が質問。

2021年3月に遺体で発見され、旭川市内の女子中学生の遺族がいじめを訴えている問題では、旭川市はいじめの重大事態と認定して、第三者委員会での調査が続いています。
2021年6月29日(火)真下道議は、道議会予算特別委員会で道教委の指導責任について質問しました。。
道教委は、いじめの認識を持っていましたが、道教委の指導助言が、旭川市教委と道教委との間での受け止めが、違っていました。「いじめと認知するに至っていなかった」学校と、市教委に対して、いじめとしての対応を求める極めて重要な指導記録を残していなかっただけでなく、報告も求めていませんでした。
「十分な対応といえるのか」と質問に、倉本博史教育長は「今後、本事案をはじめとするいじめ事案等への道教委の対応の在り方について、外部専門的な観点から必要な改善等の意見をいただきながら、市町村や学校への指導助言に努める」と答えました。
2021.6.29_1_5386