旭川市街頭、第4回定例道議会報告

旭川市街頭から、真下紀子道議が第4回定例道議会報告

真下紀子道議会議員は、12月16日(土)旭川市の街頭で、第4回定例道議会の議会報告を行いました。12月14日(木)に閉会となった道議会での日本共産党道議団の質問、発言内容や道や高橋知事からの回答についての報告を行いました。

まず、JR北海道の全路線を国が責任を持って維持するよう道がきちっとした姿勢で求めるべきである事、JRの安全運行対策や高架橋からの落下物が続く件では、安全対策すみやかに進めるべきである事、障害者への対策としてJRライラック車両に、車いす専用席を設置を求めるべきである事などを議会で質問した事を報告しました。
また、社会保障の拡充や知事の政治姿勢として憲法を守ることなど、議会で取りあげてきたことを報告しました。

2017_12_16_gaitou1

 

 

道議会 予算特別委員会知事総括 2017.12.12

菊池葉子道議が、欧州連合経済連携協定(EPA)やTPPからの農業への影響を考慮し対策を求める。

しんぶん赤旗 2017年12月15日(金)

2017_12_12_epa1

真下道議、市議団と旭川市の2018年度予算要請

西川将人旭川市長への次年度予算要請

12月15日(金)、日本共産党旭川市議団と真下道議は、旭川市の2018年度予算に対する要請を行ないました。
要請書を西川将人市長に手渡し意見交換を行ないました。
今回の予算での「こども医療費助成」では、2018年度から、中学生を卒業まで外来を含め1割負担とするために、旭川市では、具体的な検討を行なっているというお話でした。

これは、市長公約でもあり、任期の最終年として確実に実施して頂けるように、要請しました。

12_15asahikawa1_0669 12_15asahikawa2_0679

しんぶん赤旗2017.12.17

2017.12.17asahikawa1