加温なしで冬季にハウスinハウス野菜栽培

2017年2月9日(木)厳寒の北海道上川農業試験場で

加温なしで冬季にハウスinハウス野菜栽培
近年原油価格の高騰や異常気象により、 冬場のは葉菜類の入荷量や価格が不安定となり、 冬場であっても道内産の葉菜類を求める声が強くなっています。2017年2月9日(木)、真下紀子道議は比布町にある北海道上川農業試験場を訪問。 厳寒の冬季に加温しないハウスで野菜を栽培する研究を道議団とと もに調査しました。上川農業試験場の田中英彦場長らから説明を受け、ハウス内も調査しました。

2017.2.11_nougyou_shisatu1

大型ハウスは二重のフィルムで覆われています。 小さな送風機でフィルムの間に24時間外気を送って膨らませてい ます。さらに小型のハウスて覆う場合もあり、まるでハウスinハ ウスです。

地域エネルギーによる野菜栽培を研究を続ける地子立( じしたつる)研究主任は、品種によって寒冷に対する強さが違うた め、気温、室温、 地下の温度を測定しながら野菜の育成を3年間にわたって観測。 昨年12月にはマイナス26.2℃となり、トンネル内の最低気温 は-2.8℃となり、多重フィルムの被覆によって20℃ 以上の保温効果が得られました。小 松菜は一度凍結したようになり ますが、室温が上がると青々とした状態に復活します。 結球レタスは凍結してしまいましたが、 小松菜は復活することがわかりました。 わさび菜やリーフレタスはすくすく育ち、 逆に凍れがはいることで食味もよくなっています。地子さんは「 結球レタスは腐れが入りましたが、 小松菜やわさび菜の復活には驚きました。 収量は少し下がりますが、 冬の価格を考えると暖房費がかからない分、 経営的にもいいと思います。 味もよく気温が下がると野菜の状態がどうなっているか、 今ではワクワクします」と話します。

2017.2.11_nougyou_shisatu2通風にかかる電気代は月100円、 天気がいいとハウス内の気温も上がって生育が進みます。 フィルムは通常農家が使う資材を使用するため初期投資も少なくて すみます。 通年雇用が課題の農業法人でも関心が高いとのことです。ハウスの フィルム被覆を増やした場合の厳冬期の保温性と小松菜などの収量 性の調査について、「1棟ではじめましたが5凍まで増えて忙しく なりました」と話す地子主任の声が嬉しそうです。さらに研究精度を高め、 実用化をめざしたいと熱い研究が厳寒の上川で進められています。

2017年2月7日水産林務委員会で質問

2017年2月7日(火)
真下紀子道議は、水産林務委員会で質問
北海道では林業労働者数は増加傾向にあるものの、60歳以上の労働者は依然として多く、新規参入者の約2割が1年以内に離職しています。今後、担い手をV字回復できるのかどうかがかかったと言える第5期「北海道における林業労働力の確保の促進に関する基本計画」策定に向けて、2月7日(火)の水産林務委員会で真下議員が質疑しました。
2017.2.8_suisan1

省力化・就労環境改善へ
下草刈りや植林などの造林や、種苗生産の作業は、地形や天候などの影響を受けやすいことに加え、多くの人手を必要とし、省力化が進んでいないなどの厳しい就労環境にあります。植林作業の省力が期待されるコンテナ苗の実用化の検討や、今年度から上川や十勝など全道5地域で下草刈りなどの軽労化に向けた機械を導入、異業種との連携による通年雇用化の促進など、教育関係機関や林業事業体などが参画する地域協議会の取組に支援し、就労環境の改善にとりくむと答弁しました。

 

長期研修による支援を
国の研修事業と合わせ、03年度に道が創設した「緑の雇用」現場技能者育成推進事業によるフォレストワーカー、フォレストリーダーの育成、「森林整備担い手対策基金」を活用した高性能林業機械の操作やメンテナンス、路網整備などの短期の研修を国の事業と組み合わせて実施し、技術者の育成を計画的に進めると答えました。

農業高校生などの就業対策を
道内の農業高校のうち3校に森林科学科があります。道教委の調査では、林業関連への就業は3割に止まっていますが、基本計画案には直接的な内容が盛り込まれていません。

度は、授業の一環として道有林における枝打ちなどの体験学習や伐採作業、木材の加工工程の見学会の実施、「林業・木材産業業界セミナー」などの就業相談会やインターンシップの実施に向けた説明会の開催ななど、地域協議会への支援を強化・充実させていくと答えました。

新規の確保対策
道は、若年者はじめ新規就業者の獲得のため、今年度から地域協議会が行うイベントでの高校生の林業体験紹介DVDの活用、フェイスブックでの情報発信、インターンシップの実施、相談会を支援。基本計画に基づき、基金を活用して通年雇用化に向けた奨励金の活用や、デザイン性に優れた安全服の購入、屋外用の簡易トイレの整備などに取り組む林業事業体に支援するなど、就労環境の改善にとりくむと答弁しました。

小野寺水産林務部長は、林業の成長産業化への期待の高まりなどを踏まえた取り組みが重要とのべ、新規就業者の活躍事例や、経営力の向上に取り組む事業体の紹介とCLTや木質バイオマスなど付加価値を高めた木材利用など、発信力を強化し、林業の今日的経営や展望を前面に出して林業労働者の確保・育成にとりくむと答えました。

2015年度の林業労働実態調査

林業労働者数 造林 種苗
2015年度

(2005年度比)

4,254人

(△469人)

1,735人

(▼137人)

355人

(▼144人)