「保育士等慰労金事業」について道内34市町が実施

広げて保育士等慰労金事業

2020年8月の特別委員会で、「保育士等慰労金事業」について道内34市町が実施が確認されていました。検討中が9市町。未定・断念・検討していない136市町村、実施状況がわかりました。

国が、児童福祉分野への慰労金を実施しなかった事が、自治体間の格差を生んでいるようです。コロナ禍の医療現場などで働く保護者を支えてきた保育士さん達に是非、「保育士等慰労金事業」を検討していただきたいものです。

2020.11.30_hoikushi1