日本共産党道議団4人の活躍とこれからの決意

2018.1.1_shinnenn2
日本共産党道議団4人の活躍とこれからの決意
2017年は、暮らしを守るために、国民健康保険の道単位化された中でも、それぞれ市町村単位で決定した保険料の方針を尊重する回答を道から引き出させ、道として約束をさせました。

また、JR高架橋からの落下物緊急安全対策や妊産婦への交通費・宿泊費の助成拡充の取り組み、様々な事情を抱えた子どもに「子どもの食事」提供への支援などを実現させてきました。

核兵器禁止条約の採択とICANのノーベル平和賞受賞は、日本の市民運動に大きな確信となり、核兵器のない世界への扉を開く一歩となりました。日本と世界の平和のカギを握る歴史の分岐点に立ち会えている事を、4人の議員それぞれが、道議会議員として活躍出来る事を誇りに思っています。
歴史の渦中で日本共産党の真価を発揮し、2018年5月「安倍9条改憲NO! 3000万署名」を成功させ、国民の声を結集する年にしましょう。

2018taisetu1