日高線廃止・バス転換の報告、真下道議が道の姿勢を批判

2020年11月5日 道議会 地方路線特別委員会

真下道議は、2020年11月5日(木)地方路線特別委員会で日高線廃止に関する質問を行いました。道からは日高線廃止・バス転換の報告が行われました。

日高町村会長は「私たちに寄り添うべき国や道は、JRと沿線自治体に対応を任せきりの感もあった」と発言していることを紹介しながら、被災を6年近くも放置して廃線の決断を迫るような道の姿勢を批判しました。

2020.11.5_chihou_basu

JR北海道の日高線は、札幌・旭川間に匹敵する116㎞の長大路線です。高波被害と赤字を理由に廃線を迫られた苦渋の決断となっていますが、利便性が高まるというだけで、地域の利用対象者からバス路線のニーズを聞くなどの調査がなされていません。

JR北海道は護岸工事の具体策も示していませんてした。同じように、被災して不通だったJR九州肥薩線の状況では、国が早期の鉄道復旧に向けて協力していくと表明されています。JR北海道の日高線も廃線ありきではなく、生活の足、観光の足を守るという姿勢が必要として真下道議は質問しています。その姿勢を道は、示せていません。

真下道議が2月14日北海道の未来と鉄路を考える緊急集会参加

護岸整備は廃線が条件なのか、それも「協議をする」意向のみ

地方路線問題調査特別委員会

JR北海道の地方路線存続。国交省、財務省に道議団がそろって要請

 

JR日高線 全線復旧を真下道議が視察 しんぶん赤旗 2015. 6. 10

道によるアイヌ政策推進方策に、真下道議の意見を含め検討と回答

 

2020年11月4日(水)  道議会環境生活委員会

2020.11.4_ainu1

北海道では、※1アイヌ政策推進方策が検討されています。

真下道議は、2020年11月4日(水)の道議会環境生活委員会で※1アイヌ政策推進方策について質問しました。和人(アイヌの人たち以外の日本人、アイヌと区別するために用いた)による侵略と同化政策という正確な歴史の反映を行う事、また遺骨や教育の格差などの記述の追加などを求め質問しました。

環境生活部は、真下道議からの質問された点も含めて、方策を検討していくと回答しました。

インタ-ネット上などのヘイトスピーチについても、調査を行い道としての毅然とした対応を求めました。道は「アイヌの人たちを差別することを目的にしたヘイトスピーチは※1アイヌ政策推進法に反する」と国の見解を示して「差別や偏見のない共生社会を実現するためにアイヌの文化や歴史の理解促進に努め、個別の事案については適切な対応が行われるよう法務省や厚生労働省など関係機関と連携していく」と回答しました。

 

※1アイヌ政策推進方策 北海道では、2020年度で最終年次となる第3次アイヌの人たちの生活向上に関する推進方策を、2019年5月に施行のアイヌ施策推進法にもとづき、アイヌ施策の総合的な推進のため、アイヌ関係者や有識者等で構成会議【新たなアイヌの人たちの総合的な推進方策検討会議】を設け、アイヌの人たちに対する今後の総合的な施策のあり方について検討を行っています。

北海道のホームより
環境生活部 > アイヌ政策推進局アイヌ政策課 > アイヌの人たちの生活向上のために
アイヌ政策推進局アイヌ政策課