IR:「食と観光特別委員会2月8日」で真下道議が厳しく指摘

IR:統合型リゾート(カジノを含む)はおおむね理解を得たとしてたたき台を提出

北海道経済部観光局は、第四回有識者懇談会で基本的考え方が出たとして、2月6日(水)に、道議会「食と観光特別委員会」に報告を上げました。2019.2.6_ir1

【2019年2月6日(水)「食と観光特別委員会」真下道議 厳しく指摘】
1おおむね理解を得たと、どうして判断されたのかわからない。会議録の開示を求める。

2ギャンブルに起因する病気を増やして対策をとるのでは、住民福祉の増進に反する。カジノをつくって、ギャンブルに起因する病気を予防するのは地方自治の仕事ではない。

3地域説明会の参加者構成に会社員・公務員が7割を占め、事業関係者が多い事を指摘。2014年のフォーラムも会社員が6〜7割を占めていた。

4社会的コストと行政的コストの具体的な対策を試算するように、四年前から指摘していたにもかかわらずいまだに示されない。

真下道議は、迅速な判断をすべきでないと道議会「食と観光特別委員会」で発言しました。

2019.2.8 しんぶん赤旗

2019.2.8_kajino1

スクリーンショット(2019-02-10 9.55.12)

 


すでに終了の説明会

【札幌会場】

 日時:平成31年1月23日(水)14:30~16:00

 会場:(札幌市中央区北4条西6丁目1 毎日札幌会館5階)会議室「はまなす」

 

【釧路会場】

 日時:平成31年1月24日(木)14:30~16:00

 会場:(釧路市幸町9丁目1番地)釧路市交流プラザさいわい3階大ホール

 

【苫小牧会場】

 日時:平成31年1月28日(月)14:30~16:00

 会場:(苫小牧市旭町3丁目2番2号)苫小牧市民会館 小ホール