道と道教委の天下り「道のあっせん」明らかに

平成29年3月3日(金)の真下紀子道議が、本会議代表質問

スクリーンショット(2017-03-29 23.38.08)

2017.03.03冬季に加温なしで野菜栽培PDF
2017.03.03高橋道政 4 期目政策を検証PDF
2017.03.03道、保育料無償化事業PDF
2017.03.03住宅供給公社等の短期貸し付けPDF

平成29年第1回定例会開会 3月3日(金)の真下紀子道議が、本会議代表質問で、道と道教委の天下りの実態を、明らかにするよう質問しました。これにより、道と道教委の、道による天下りの「あっせん」の全容がはじめて、明らかになりました。

明治安田生命に、道教委の次長級以上が3代以上継続して天下り、北海道中小企業総合支援センターに5年間で理事長、専務理事、常務理事、に2代連続で道OBが天下っている事がわかりました。

真下道議は、幹部職員の再就職に付いては、利害の関係団体のある企業へのあっせんを禁じている県や、第三者機関で、厳しく審査している東京都の例を示し、癒着につながりかねない天下りを厳しく規制すべきと質問、高橋知事は、他都道府県の取り組みを参考に見直しを不断に行なうと答弁しました。2017.3.17_amakudari_doukyoui2

1 本会議一般質問 真下紀子道議
はじめの質問と答弁

2 本会議一般質問 真下紀子道議
再質問と答弁

3 本会議一般質問 真下紀子道議
再々質問と知事答弁

 

2017年3月3日 定例道議会の代表質問

3月3日(金)、真下紀子道議が、代表質問に立ちました。
北海道の鉄路を残すため一丸となって取り組む必要があります。日本共産党国会議員の「リニアより北海道への支援を・・」との国会質問もあり、真下道議の質問も、より力が入ります。高橋知事にも、鉄路存続に向け本気の取り組みを行なうように質問しました。これまで訪問した各市町村の声を紹介し、鉄路存続の大切さを質問しました。議場から応援のヤジが出ましたが、バス転換後の状況を道が調査し、市町村に情報を提供することが約束されました。

続けて、道職員幹部の天下りの指定席見直しを求め、一定の答弁を知事から引き出す事が出来ました。

しんぶん赤旗 2017.3.52017.3.5_jr_sonzoku1

しんぶん赤旗 2017.4.16(日)2017.4.16_jr_hakodate1