道議会での日本共産党道議団 憲法論議をまとめています

北海道議会の日本共産党道議団の憲法論議をパンフレットにまとめています。
ご希望の方は真下紀子事務所ご連絡ください。

真下紀子 事務所
〒 070-0000 旭川市3条16丁目左7号
電話 0166-20-0808 FAX 0166-20-1616
メール m.noriko.office@gmail.com

kenpou_panf1

kenpou_panf8

憲法論議についての道議会意見書について反対討論2019.10.4

2019年10月4日(金)第3回定例道議会本会議 真下紀子議員反対討論 国会における憲法論議についての意見書、田中芳憲議員(自民党・道民会議)ほか5名提出の意見案第1号 国会における憲法論議についての意見書について反対討論を収録しています。(討論)真下紀子議員の意見案第1号に関する反対討論は約29分間となります。これまで、自民党道民会議から「意見(案)」は、原則全会一致でといわれて道議会運営が行なわれてきました。これまで憲法改正に向けた意見(案)を出してきていたが他会派から賛同を得られず、提案出来なかった経緯をもちながら、今年の4月の選挙で、自民党道民会議は過半数を得ると、数の力にものをいわせて、 憲法改定を促進させるため、この意見(案)の提出を強行しました。憲法という最高法規の問題で、ことさら道議会に対立を持ち込み、超党派での一致共同を自ら破る行為にでている。意見(案)の提出も問題である上、意見案の中身についても重大な問題がある。