JR北海道の地方路線存続。国交省、財務省に道議団がそろって要請

真下道議が国土交通副大臣へ、JR北海道の地方路線存続要請

真下紀子道議は、5月25日(金)北海道の地方路線の維持存続を求め、牧野たかお国土交通副大臣と国交省、財務省に道議団がそろって要請しました。

2018_5_25 jr_seifu_kousyou1

2018_5_25 jr_seifu_kousyou3 2018_5_25 jr_seifu_kousyou2

赤字経営が続くJR北海道の経営に、国の支援は欠かせません。新幹線も赤字が経営問題となっています。道民の足となる、地方路線の維持存続の必要性などの要請内容を説明しました。また、新幹線の赤字問題は経営問題として再検証を求めました。

2018.5.26 しんぶん赤旗

2018_5_26 jr_seifu_kousyou1

カジノ誘致の問題、苫小牧市の担当者から聞き取り調査

真下紀子道議が、大門参議院議員らとカジノ予定地を視察

真下紀子道議は2018年5月21日、カジノ誘致をめざす苫小牧市を大門みきし参議らと訪ね、カジノによる地域再生は、どのような計画か、苫小牧市の担当者から話を伺いました。真下道議らは、予定地も視察しました。アクセス、誘客予想や一人単価、施設の稼働率など、基本的なことや公的負担も示されていないことがわかりました。

この地域には、ギャンブル依存症の公的相談・ギャンブル依存症の治療ができる治療施設がない事もわかりました。2018_5_21_kajino1

予定地には猛禽類も生息しているようです。ウトナイ湖の木道の改修を求めて調査した時にサンクチュアリィの素晴らしさに感動したものですが、賭博場に頼ったリゾート開発では取り返しがつかなくなって しまいます。苫小牧市ではカジノはいらないという署名が1万筆超えてます。

2018.5.22 しんぶん赤旗

2018.5.22_kajino1

2018_5_21_kajino12