真下紀子道議 6月27日(金) 2014年第2回定例道議会 予算特別委員会 保健福祉部所管審査

来年4月から実施の、新たなこども子育て支援制度についての質問。多様な受け皿が用意される一方質の低下が、懸念されると質問している。養母認定型ことも園は制度変更に伴って、保育の実態や充実のための施設として設置されるべきと質問した。また、0~2才児食事についての質問では施設内で事前調理の重要性がある。、アレルギー対策、最低限栄養士の配置を必要とする質問している。

2014年 第2回定例道議会 真下紀子道議の一般質問

はじめに、集団的自衛権の憲法解釈を変えようとしていること、全国15万人の陸上自衛官のうち3万人が、北海道におり、優先的に海外派兵される部隊に指定されている。北海道の若者が他国へ出て、銃を向ける事になりかねない。多い原発の差し止めを出した福市地裁判決、函館市が大間原発の建設中止を求め提訴しましたが、知事の原発への認識を問う質問になっている。さらに、幌延の地層研究が20年延長の可能性が出ている。機構の野村理事の安易な発言がもとにあり、なし崩しの延長や原発の最終処分場という方向は決して認められない。と質問した。